プロポーズの前に確認!思い出に残る瞬間を作るポイント

その日で大丈夫?プロポーズのタイミング

結婚しようと決めたらするのがプロポーズ。思い立ったら吉日と言いますが一生に一度の大切な言葉を伝える瞬間、思いつきで伝えるよりもしっかりと計画して最高のものにした方が結婚後にも二人の良い思い出となります。

プロポーズをする日は誕生日や記念日、クリスマスなどのイベントに伝える人が多いのではないでしょうか。特別な日ならプロポーズするタイミングをつかみやすいし、プロポーズの日を忘れることもないでしょう。あえて何でもない日に伝えることで新たな記念日とするのもいいですね。

何て伝える?プロポーズの言葉

相手に結婚したいという気持ちが伝わらなければプロポーズは失敗してしまいます。なので遠回しな言い方をしない方が無難です。これからも一緒にいたいという言葉や、2人で家庭を作りたいという気持ちが伝わる言葉を考えて下さい。もし、口で言うのがどうしても苦手なら手紙やカードで伝えてもいいですね。

どこでする?プロポーズの場所

プロポーズの場所選びは、想い出深いプロポーズを成功させる上で最も大切です。プロポーズの場所と言えば大まかに「日常的な場所」、「思い出の場所」、「特別な場所」のどれかになると思います。

家や車などの日常的な場所でするプロポーズももちろん素敵です。しかし、ロマンチックな彼女にプロポーズをするのなら避けた方がよいかもしれません。

思い出の場所でのプロポーズは、2人の今までの思い出に浸りつつ、これからの新しい生活に向けての言葉でするとより想い出深いものになるでしょう。

ここぞと勝負に出たいのなら、思い切って高級レストランやテーマパークなど普段行けない場所に行ってみましょう。シチュエーションにこだわる女性なら感動すること間違いなしです。

プロポーズは結婚を申し込むことです。よくドラマのシーンで指輪を差し出し告白するのですが、断られるパターンや、指輪に縁がない男性側のセンスで選ぶ指輪はいまいちです。無事成就した後一緒に買うのが良いです。