一生の思い出の品にするために!結婚指輪を選ぶ3つの方法

可愛いデザインが似合うとは限らない

結婚指輪を選ぶ際に、可愛いデザインについつい目がいってしまいますよね。しかし実際に指をはめて鏡をみた時に、思っているのと違ったという事はよくあります。そのためデザイン重視で選ばないようにしましょう。まずは自分の指にはめてどのようなデザインが自分に合っているのかを確認すると、見つけやすくなります。特にネットなどで購入するのはとても危険です。高価な物なのに、自分に合わないため放置するといった事のないように気をつける必要があります。

体型も変わるので気をつけよう!

出産をすると大きく体型が変わる人が多い傾向にあります。そのため結婚指輪がずっとそのサイズのまま使用出来るとは限りません。体型が変わっても指輪を使用出来るように、購入してからもメンテナンスが出来るお店を選ぶようにしましょう。サイズのお直しが可能かどうか、デザインを選んだ後に聞いておく方が長く着け続けるための対策になります。

年齢を重ねても着けていられるデザインか?

若い頃は可愛いデザインの指輪を着けていても似合いますが、年齢を重ねるとどうしても指輪だけが浮いてしまう可能性もあります。また結婚指輪はずっと着け続ける物なので、冠婚葬祭でも合ったデザインの物がベストです。そしてもう一つ重視したいのは、家事などをしていても引っかからずに出来るデザインの物がいいでしょう。家事をする度に引っかかると、ずっと着けているのがしんどくなってしまいます。実際にはめて確認し、購入する前には後悔のないようにしなければいけません。

結婚指輪は、結婚の誓いの印として男女が交換しあう指輪になります。シンプルなペアリングで、日常的に薬指にはめるのが一般的です。